輸入車は為替のおかげでバカ安!でも、だからって飛びつかないでね。

新車購入記 で、ずっと書いているように、
車両本体の値引き、オプション(用品)の足し引きや値引き、サービス、
そして、下取り(愛車売却)は、それぞれ別で、その『時々』だいたいの相場があります。

『時々』の中には、メーカーからの販促キャンペーンや、補助があったり、
ディーラーや営業マン個人のノルマ達成の締め間近だったり、イロイロ。
なので、今!のMAXというのは一般の方には読み切れないでしょうし、
とんでも値引きが出たりする事もありますが、ちゃんと理由はあるのです。

さて購入記にほ、とんど出てこない輸入車ネタです。
客層に、ブログを書いてるような方が少ない のでしょう。
(ま、参考になる方もかなり少ないので、いいんですが。
だってベンツやBMWでも、すべての車種足した年間販売台数が、プリウス兄弟の1ヶ月の販売台数より少ないのですから。)

ドル安にユーロ安。「輸入車の円高還元セールは!?」と思っている方は、意外と少ないのです。

が、外野は「へーそんなに値引きしてくれたの!」
「ほー、そんなに下取り高かったの!」となるのだな。

コーティング屋さんのブログより
CX-7よりダウンサイジング〜!
CX-7をお乗りだったオーナーさま、大きさが感じられてきて、もう少し小さなクルマで良いものがあれば〜!
と言うことで、ゴルフで決定!
乗ってみたら、「こりゃ〜いい!」となり、とんとん拍子に買い換えに〜
値引きも良いですし、下取りも良かったそうな〜
大手買い取り店は厳しいかったそうな。結局ディーラーさんですべて完了。
最近の外車ディーラーは、素晴らしい好成績。
負けるな国産ディーラー!(苦笑)
86やBRZ、ばんばん値引きして、下取りをして売りまくって下さいな!
良いお話しがあればすぐに購入いたしますよ〜!

ということで、一応この方、業界の方なのですが・・・

要は、円高還元を値引きやら下取りやらに足してる訳です。
普通の買取り(下取り)の相場なんか、無関係なのです。
そら、国産ディーラーも、買取り店も、勝てる訳がない。

※注意1
それぞれの輸入車ディーラーの対応や、
ブランドごとの、そもそもの値付けがどうなのか、ドル決済か、ユーロ決済か、ポンド決済か、
儲かっているのは本国のメーカー本社なのは間違いないが、
日本のインポーターが、円高差益で儲かっているかどうかは未知数
etcがありますので、個々のバカ安度は未知数です。

認定中古車もご商売にされている輸入車ディーラーが多いですから、新車の値下げ、とんでも値引きは、避けたいはず。
(年間の輸入台数が決まってしまってて、「定価でも買う」という人で売り切れれば、値引きなんてしないでいい訳ですし。)

ですが、上のような、ぼかす形での実質円高還元、ここ数ヶ月よく聞きますね。
(もっとマニアな、並行輸入モノは激安になってます!)
実は、もっと前からぼかしてました。(輸入車は円高還元です。

※注意2
でも、だからって飛びつかないでね。

メンテナンスは「元々の車のお値段」なりの、お高い費用がかかります。
グー認定(笑)だから何?輸入車買うなら などを参照)

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top