言いなりのようで、上手くやっている営業マンの巻

「理想の攻撃ですねー。」と思ったら、
最終的な数字を見るとそうでもなかった値引き交渉記を仕入れました。いってみよー!

最初は漠然とした買い替え計画であったが、消去法的な方法で候補を決めていった我が家。
ワンボックス系は、雪山に遊びに行くときの事を考え、車中泊があるので心惹かれていた。
だがそれは奥さんの一言で消えた。元々SUVに乗りたがっていた奥さん。
とりあえずスバルで試乗。エクシーガとレガスィ。
申し分ないのだが、今までVoxyだったので車高が低くなりすぎて圧迫感を感じた。
これにより2車種は候補から外し、再検討する事になった。
そう、この時にSUVに完全に絞られた瞬間だ。
その週の休みの日、フォレスターXTとXS両者に試乗した。
8月10日頃であった。その週のうちから商談が始まった。

まずは、下取りが一体いくらになるか調べました。
5社の買取り店に電話やネット申し込み。Voxy案外安いのね。この時は心が折れました。えぇポッキリと。
25万〜38万。総額360万としても、322万じゃあ〜ァりませんか。
車両価格215万位の車なので勝手に「下取りして220万とかで交渉できたらいいなぁ〜」
なんて妄想描いてた俺にとっては、心が折れるには十分すぎる要素でした。
数日間「あーでもない。こーでもない」と調べ次回、交渉時になるべく納得できる金額に近づけようと努力する日々。
と、ウチの奥さんの兄の奥さんの弟さんがスバルに知り合いがいるとの事を聞いた。
しかも職業は某保険関係なので割りと太いパイプが期待できた。
速攻紹介依頼し、挨拶がてら出てきた見積書が、
・車体値引きが7〜8%にあたる数値が一発目で出てきている話の早さ。
・前注文で伝言として頼んでいた諸費用が、最初から省かれている。話が早い。
下取りは、当初スバルも35万と付けていたが、+10万して頂いた。
オプションも相当なダイエットをして初期設定の半分以下まで落とす努力もした。
これにより、担当営業所が変わって一発目の商談が終了した。この時の金額が¥258万位。
初期に予定していた¥220万に限りなく近づいた。
この時から「値引き交渉以外に、予算を下げる手段はないか?」ばかり考えるようになった。
まず目をつけたのが「ナビ」
たどり着いたのが「ヤフオク」
当時の価格.comでの最安値が23.8万円
これがヤフオクで新品未開封で10.9万円で落札出来た。
これと一緒に「バックモニタ」定価22050→送料・税込み13900
「フリップダウンモニタ」16900
これにより、ディーラーで取り付ける予定だったナビ定価222600+取り付け品2625=225225が、
13.9万円で3点揃ったのである。
前回までにオプション値引きが約10万ほどついていた。
今回は
・ナビを計上しないことになるが、いかに値引きを確保するか
・車両本体から10%の値引きを交渉
・なんかチョーダイw
で攻めることに。
まずは「車両価格もっとさげてーな」と30分位粘ったが、「限界です」の一点張り。
支社長まで取り次いでもらったが話が通らず、余り値引きのみ攻めてもラチがあかないし、雰囲気からして期待が薄い。
そこで「なんかチョーダイ」に切り替えた。
最初にスタッドレスタイヤを求めたw
案外言ってみるもので、15分ほど何処かに電話しOKとの事(しかもAW付き)もはや満足であった。
そして最後にナビのことを切り出した。「ヨソで購入した。だから付けて。」と言ったら固まっていた。
目標は達成した。簡潔にまとめると車体値引20万、オプション値引10万、下取り45万

はい、いかがですか?

Voxyはコミ100万円くらいで売られる車。下取り(買取り)は、まぁいい感じ。
値引きはそんなもの。
フルモデルチェンジ後10ヶ月しか経っていませんが、ま、スバルだし、フォレスターだし。
(いい車なのにね。海外ではバカ売れ!)

今回のまとめとしては、僕がいつも書いている通りに、
値引きと下取りとオプション(サービス)を別にして検討されているので、まさに理想の攻撃をされている訳です。
が!この方、すべてがそうなのですが、浅いところの情報だけで
「あーでもない、こーでもない」と悩まれているのですね〜。惜しい!
例えば下取り。買取り店の電話情報なんて浅い!
そりゃ、それくらいの様子見価格しか言わないよ。
でもこの方は、その値段が相場と思って悩んでみたり、スバルがプラスしてくれたら「値引きだ」「大盤振る舞いだ」と喜んでる。
ということで、AW付きのスタッドレスを付けたり、言いなりのように感じられる営業マンですが、
最終的な落とし所は上手くやってます。(見習え!マツダ営業マン!

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top