トヨタバーゲンセール中!

一般消費者の皆様に、耳寄りな情報です。
が、理由を聞くと「トヨタ様、そんな自己都合ですか・・・。」と言いたくなります。
その理由がこれ

豊田章男氏が国内販売担当 創業家トップへの布石か
トヨタ自動車は22日、創業家出身の豊田章男副社長(51)が、国内販売を受け持つ国内営業担当になると発表した。
豊田副社長は05年に副社長に就いてから、部品調達や品質保証といった主要ポストを歴任。
創業家出身から久々となるトップ就任の布石として、トヨタの経営中枢で経験を積むのが狙いとみられる。
国内市場は低迷が続いており、最大手のトヨタも販売台数のてこ入れが最重要課題となっている。
トヨタと資本関係の薄い企業が多い系列販売店との交渉能力も必要で、豊田副社長の真価が問われる場面も増えそうだ。
豊田副社長はトヨタ社長や経団連(現日本経団連)会長を務めた豊田章一郎名誉会長の長男。
95年に豊田達郎氏から奥田碩氏に社長交代して以来、創業家出身の社長は途絶えている。
トヨタは同日、株主総会後の取締役会で役員の担務などを決定。副社長は1人減り、7人になる。
大量リコールなどを防ぐため、豊田副社長ら計2人の副社長が引き続き品質保証担当も務める。(07/6/22 共同通信)

一般消費者の皆様には、「これがなぜバーゲンセールにつながるの?」と?だろう。

解説すると、「創業家一族の御曹司 章男氏が国内営業担当になったから、数字を残さないといけない!」
「早ければ来年には次期社長になられる章男様に、汚点を付けてはいけない!」
だから、「どんな手を使っても売れ!」 byトヨタ首脳陣
ということで、
メーカーは、ガンガン新型を投入し、
販売店では異例のコンテストがあり、あのネッツトヨタ鹿児島の事件()のような不正や、
とんでも値引きが全国のトヨタディーラーで行なわれたというのだ。

そんなに豊田家への大政奉還が大切なのでしょうか?
というか、数字が残れば何でもアリですか?

そりゃ、ちょうど今年度に新車購入を検討されていて、トヨタ車希望だった方は得をしたでしょう。
が、そんな自己都合な経営でいいのですか?
消費者そっちのけですか。
ま、僕は自動車メーカーの社長じゃないので、どうでもいいですが印象悪いです。

ということで、まだまだ数字がマイナスの国内販売、今期末までバーゲンセールらしいよ。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top