クルマ買うのは大変?!マニアック上級編

いろいろな新車購入記 シリーズ
好評企画14弾目。今回は久々にすごいですよ。

登場はSさま、父妹弟の4人家族。長文ですが、さらっと行ってみよう!(いつも通り、僕の言葉は青で)

まずはSの愛車歴を
92年 初のマイカー 日産プリメーラ(新車価格210万円)5年で10万キロ走破!
96年 次がスバル レガシィGTツーリングワゴン(新車価格280万円)
購入後、すっかりスバリストとなってしまい、この年に購入したのが、
アルシオーネSVX S4(新車価格316万円)
(ちなみにレガシィは、ちょうど弟が「4WDが欲しい」と言うので売った。
現在大きな故障もなく10キロを突破、まだ乗り続ける気らしい。)
ということで、弟さんはもう登場しません。
02年 セカンドカーとしてMCCスマート購入(新車価格135万円)
「車体の守られ感」はさすがメルセデス製と思わされ、天上がグラスルーフで開放感もあった。
この感触が忘れられず次の車は「ドイツ製でMTで、オープンカー」と思うようになった。
周りから「道楽者」と言われるも、平日スマート、休日SVXの使い分けは本当に楽しかった。
が、購入2年目にATに深刻なトラブルが発生。
修理費が高くつくことから手放すこととなってしまった。
輸入車のミッションには気をつけましょう。カチャカチャやってると壊れます。

04年 次のセカンドカーはBMW Z3 2.2i(新車価格365万円)
長距離のツーリングも余裕でいけてしまう為、SVXの出番が減ってきて一時真剣にSVXの売却を考えた。が、
05/02 妹にZ3を貸した時に事故。購入半年で全損となってしまった。
幸い妹は怪我も無くて済み、やはり頑丈な車を買っておいてよかったと思った。
相手の車両保険が出たので、新古車で買ったのがミニ・クーパーSコンバーチブル(6MT 新車価格310万円)
予算をこちらに振ってしまったので、本当は新車のミニバンになるはずの家族の車が、
95年式 7万キロ MPV 3.0V6に(新車価格320万円)
Z3がミニ・クーパーSコンバーチブルと10年落ちMPVに化けたのね。
ぶらっと寄ったマツダディーラーで破格の条件
(妹の13万キロ、ボロデミオを○円で下取りしてもらえた。)が出たので即決した。が、
いきなりサスペンションが取付部の根元から外れ、
(原因はホイールバランスが狂っていたため)
ショックとアッパーマウント・ブッシュ全交換とアライメント調整
直後に再びトラブル。信号待ちでいきなりエンジンが停止。(ディストリピューター異常)
左PW不調(原因は窓のゴム枠が歪んでいたため、これも交換。)燃料フィルターと、
エンジン及びミッションのマウントの交換。エンジン振動の原因にかこつけて、保障期間内サービス料金で施工
すごいね、マツダさんの中古車保障!っていうか、
こんな状態で販売をしたマツダディーラーさん!さすがマツダクオリティ!
サービス料金っていくら自腹だったんだろう。

せっかくの出費を無駄にせず、10万キロオーバーまで元気に走って欲しいものだ。

05/12 SVX車検 9.1万キロ乗ったSVXだが、冬のゴルフ&温泉行き用として、当面の存続が決定。
スタッドレスタイヤも新調したがその前に車検が来た。
今回の交換個所は、全オイルとクーラント、前ブレーキローター・パット、イグニッションコイルとプラグ(6個ずつ)の交換
それに足して左ヘッドライト、PSのベルト、トランクリッドのスイッチユニットを交換(合計30万)

05/11 MPV パネルを外して塗装するキャンペーンをやっていたお店でウッド塗装を実行。
フロントパネルとエアコン吹き出し口、PWスイッチ、しめて5万円。
MPVコスト5万円
06/01 MPV カムシャフトシールのオイル漏れが年末見つかり、
どうせ直すならタイミングベルトも交換してしまおうと、部品がそろうまで待ってましたが本日入庫となりました。
ついでにナビのロムをバージョンアップ
MPVコスト14万円。いいのか?

06/03 ミニは現金化。
ミニ・クーパーSコンバーチブル約1年でした。これはいじってないし、値落ちもしてないし、いい値が付いたのでは?
原チャでもと思っていたが、偶然vivio T-top(新車価格125万円)を発見!
93年式ながら車体色の色あせ少、走行距離3.2万キロ スバリストとしては即決。

06/4 MPV、10万キロを目前にAT異常が発生。直して乗るつもりだったのですが諦めました。
(実に気楽に運転できて、乗り心地や使い勝手に家族の不平・不満が一切なしで、
一番買って良かった車と言われていたのだが。)
1年ちょっとの命でした。下取り¥0でしょうから、70万以上が飛んだことになりますね。

06/05 代わりに97年式 初代エスティマV(新車価格295万円)がやって来た。
マツダディーラーにあったから。走行距離は8.5万キロだったが、前のMPVと同様、
「壊れた部分はサービスで直します。」との約束で購入を決定。(支払い額50万円)
足回りサスとマウント・ブッシュを交換。
アライメント調整と合わせて整備した結果、ハンドルのブレ&段差乗り越え時の振動がナシの状態に。
無事に?全額クレーム修理となった。(アライメント調整費用は除く。)
また出た!マツダ保障、というか何でそんな状態で納車するの?
06/06 前ブレーキローターとパット、マフラー交換。
06/07 セカンドシートのガタツキを直すため、シートレールの交換。
併せて2列目のアシストグリップ交換。(これは保障扱い)

05/08 妹がパジェロミニを新車購入。
デミオのあと、父のBMWミニクーパーに乗っていたけども
エアコン不調、PW異音、PSポンプが故障してユニットごと交換と、トラブル続き。
結局、車検を迎える前にミニクーパーは売ってしまうことになった。

ちなみに父は、今SVXに乗ってもらっているが、その前はミニクーパー、
さらにその前はディスカバリー(新車価格600万円)に乗っていた。
ディスカバリーは7人乗りのES。
輸入車お決まりの細かいトラブル。盗難防止警報が鳴り止まない、
パワーシートが壊れ、オイル漏れ、エアコンが効かない、等々・・・車検時に売却することになった。
さすがランドローバー!この程度は想定して買わないと。手放したらダメですよ。
でもSさんの父も懲りずにMINIを買う辺りは、輸入車にはまってますね。

06/07 妹がハッチバック車に替えたいという。
パジェロミニは、もったいないので父が乗るという。(SVXは?)
仕方なくヴィヴィオT-top(今年10月で車検切れ)の方を下取りに出すことに。
わずか4ヶ月の滞在でしたね。(実は10万以上つぎ込んでいる。)
新車の条件、AT、座席がフルフラット、小回りが効く車体、ナビ付きとのことで、
まず候補に挙げたのが、ホンダ ゼスト
ホンダ店で見積もりと査定。ターボ付きグレードのHDDナビ付きで作成してみたら総額197万円。
カーテンエアバッグを付けたせいもいあるが、それにしても高額になるもんだ。
査定は0。値引きは7万円。別の店で依頼してみたが、査定は3万円。値引きも7万円。
査定が低いのがちょっとあてが外れた。
ダイハツ クー
1.3Lの一番安いグレード、値引き7万円。総額で165万円。かなり高めの価格設定に感じる。
作戦変更で、T-topの中古車一括査定をやってみる。
3日前に入力して、全8社ある内返事が来たのが4社。内2社は「値がつきません」。
他8万円〜18万円。アップルからのメールは「15万〜25万、現車確認のうえ更に査定アップ」という景気のいい内容。
行ってみる。ナビも何もかも全部つけて20万円。ナビ外すなら18万円。
やっぱり買取専門店にまわした方が値段はつくな。
今日は三菱へ
コルトのリラックス・エディション(DVDナビ付き)。
妹はベージュ内装にベンチシート、助手座席が開いて手荷物置き場になることがお気に入りのようだ。
値引きは17万円。支払い総額154万円。
いつものマツダ店中古車部の営業にデミオの新古車があったら連絡してもらうことにした。
翌日、三菱店に行ってデミオの条件提示を話すと、ナビ代10万を¥0にしますということで、支払い総額144万円。
その後TELで、マツダ中古車部から「展示車あります」との連絡が入る。
オートエアコンもナビも付かないが、総額で110万円。さてどうするか?
ちなみに、未だにダイハツ店からは音沙汰なし。
クーもいい車だと思うけど、営業のやる気がなさすぎ。候補からは脱落だな。
さらに翌日、前回のデミオの条件に足してオートライト機能をつけて総額104万円でどうかと言ってきた。
今回の新車はデミオに決定。

いかがでしたか?

メインは最後の妹の車選びなのですが、その前の愛車履歴のドタバタぶりも、
Sさん主導で家族を巻き込んでいるのかと思ったら、父もすごかったりしたので載せてしまいました。

しかし今回は、SVXや初代MPV、vivio T-topなど、マニアックのオンパレードでしたね。
Sさんのような車好きは、弊社を利用しないでも賢い車選びが出来るでしょう。
賢いというか、カーライフを楽しんでいるという感じですね。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top