クルマ買うのは大変?!レクサスIS購入記

いろいろな新車購入記 シリーズ
好評企画も11弾目。今回は、当社の仕事にも関係ないレクサスの購入記です。

なので、言いたいだけ言わせていただきます。(青字で書きますね。)
では、Rさんの購入記、長文ですが行ってみよう!

今乗っている車はベンツAクラス。H11年式、12.4万キロ
気に入っていた車だったが、ここにきてやつれ始めてきた。候補車を乗り比べてみた。
1.マツダ アクセラ(190万円)
なんだマツダか・なんて言わないでください。今のマツダはとてもいいです。
試乗してみると「なんだ、このリニアな操舵感!ボディもしっかり出来ているなー。ブレーキもよく効くし、しっとりしているぞ。リアビューをはじめとしたプレスラインもグッド!」
ただ、イマドキ4AT。インテリアがチープ。マツダ車は燃費が悪いし。
などなど、気に入った面もあったのですが、結局第3候補くらい。
10歳若かったら購入していたでしょう。
書くの忘れてましたが、Rさんはかなりの車マニアです。(ここまで見たら分かると思いますが。)
2.3.トヨタ アイシス、マツダ プレマシー(240万円、218万円)
Rは、小さい子供をもったお父さん。避けては通れないミニバン。
どちらも使い勝手のいい車でした。次の車は、ミニバンになっているかもしれません。
4.ベンツAクラス 170アバンギャルドリミテッド(FF1.7L+CVT 285万円)
出ました限定車。弱いのです、限定って。
しかもキセノン、16インチアルミ、などなどツボをついた装備。初めからこれを出せ!
(後々、この車が最後までレクサスと競合する。)
5.VW ゴルフ(FF2L+6AT 266万円)
いい車です。車選びが始まったら無視できない存在それがゴルフです。
まだ免許とりたてのころ、お金もなくて「いつか欲しいな。」と思っていました。
ところが私のゴルフのイメージより現行はズレてきていました。豪華になり、高級になり、迫力が増し。
6.BMW118(2L+6AT 316万円)
出ました、ハンドリングマシン!走りにこだわり、セレブな生活をエンジョイする小道具、
それがBMW。もちろん試乗しました。アクセラで「んー。いいねぇ」と表現したハンドリングが
BMW118になると、「ひゃほー。楽しいー!」そんな感じです。
マツダもBMWの半値であのハンドリングを実現しているのは立派。
しかし狭い。奥さんが「これ、狭いからイヤ!」
そして、7.レクサスIS(2.5L+6AT 371万円〜414万円)
行きました。レクサス店。実車を触り、カタログをもらって退散したのですが、
カタログのなかにはDVDが「らっきー」まずい。本当に欲しいぞ。
カタログをもらい早々に退散したが、ISは気になる存在。しかし高い。が、乗りてー!
ということで、試乗。
試乗が終わって「こちらで、お見積もりでも」と言われたが、
「いえ試乗が目的ですから。ありがとうございました。」と退散。まだレクサスでお茶できない小市民R。

以前、新型Aクラスが発表のとき
「Rさん、一度ご検討してください。」とセールスに言われ、ビックリしたのが「下取りは10万円になります。」
「・・・」エーッ10万しかないの!なんだそれー!購入価格はVitzの倍で、下取りは半額かよー!?
たしかに12万キロ走っているし、ナビもないし。
それからどこに行っても、たいした額は付きませんでした。
こんなんじゃISどころか、他の車の足しにもならんなー(TT)
簡単に解説しておこう。A160 FF1.6L+5AT 新車販売価格265万円
の中古車価格の相場は40万〜50万。Vitz(100万〜150万)の中古車相場も40万〜50万と同じ。
ただ、そこから逆算して、いくらで買取るかということを考えると、
どんどん売れるし、それほど整備費用のかからないVitzは20万くらいは付けてもいいかもしれないが、
ベンツのAは怖くて10万がいいとこだ。
ということです。買取っても売れなければ、廃車にするしかない=お金がかかるのだから。

全国700台限定で発売されたA170アバンギャルドリミテッド
セールスより紹介され前々から気になっていた。完成度が高い。
Aクラスの進化を2代目で感じる楽しみもある。

ISはあきらめモードに入りつつあり、ヤナセへ。
この前言っていた限定車まだある?
セールス「もう当店では完売ですが、全国で探して見ます。」とのこと。
でもISは気にかかる。
いったいISを手に入れるためには、いくらかかるのだ?とレクサス店へ。
R「250の標準とSの見積もりをお願いします。」
その後、オプション関係に話がいくと、フロアマット約9万円!高けー!
諸費用は、45万くらいになりました。下取りは15万円です。
あまりの諸費用の高さや、マットの金額に閉口してしまいました。
(がんばって、買うとしても標準グレードしか無理だな。)と思いその日は帰りました。
− とここまでは、去年の話 −
1/15 レクサスA店で「なあ、何とか下取りをもうちょっと上げてくれない」
と言ったら、「頑張ってはいるのですが」との答
そこでR「だったら、レクサスB店にいくよ。」
「試してみる価値あり」と感じ、B店へ。(自宅からB店までは20キロ。A店は10キロ)
査定はA店より2万円高かった。見積もりをもらい家路に向かう。
さあ、A店と見積もりをくらべるか。
あれれ?なんで、総支払い額が一緒なの?
その訳は登録手数料にありました。A店の手数料が総額2万円安かった。
みっかっちゃった。(笑)いつも僕が言ってる、ディーラーの下取り額のマジックの応用ですね。
1/18 そうこうしていると、ヤナセから電話があり「車が見つかりました。今週の土曜までに返事をください。」と。
下取りは20万、前回より10万アップです。
「これで、契約いただけませんか?」と言われたが「うーん」それでは希望を伺いたいとの事。
「下取り30万、値引きあり。それとボディコート・ホイールコートをつける。これならいいよ。」と言いました。
セールスは持ち帰り、金曜日に新たな見積もりを送りますの約束をもらいました。
1/20 見積もりが届きました。
何と、ほぼ希望金額になっています。かなりグラッときていました。
「これならAを買ってもいいかな。」と思ったのですが、やはりレクサスISが欲しいな。
そこでレクサスA店とB店に電話。
ヤナセで30万の下取りが出たこと
そのくらいの下取りをしてくれたらそちらで契約すること
返事は今日中に電話を欲しいこと
あと、B店には登録手数料をA店と同額にすること
を話した。電話を待っていると、A店から電話「すみません。やはり最初の15万の提示しかでませんでした」
やはりレクサスの値引きは渋い。
B店より電話があった。(あまり期待しないでおこう、Aクラスにしよう、と考えていました。)
「それでは下取りを30万にさせていただきます。」
それって、A店の提示の金額のバージョンSが買える!
「ご提示いただいた金額でお願いしようと思います。」
営業「ありがとうございます。では一度ご家族でいらして下さい。」
さあ、次はいろいろとお世話になったが、各セールスにお断り電話だ。
1/21 レクサスB店では、まず契約内容の最終確認をする。グレードはIS250S
最終確認がすんだあと、Rは膨大な書類にサインとはんこを押した。
3/5 今日、16時にレクサスの受け取りに行ってきました。
僕のISはガソリン満タンで、一ヶ月点検の際のオイル交換はサービスでします。と教えてもらった。
これは他店ではしていないサービスだそうです。
細かな説明を受け、サインをし、いよいよご対面。
外装・内装の説明とチェックです。
エンジンをかけると、そこにはあのミュージシャンの声が。
セールス「以前、R様の着メロを聞いていたのでお好きかと。」
さすがです。ジーンときます。
出ました!THEおもてなし!って、いいのか?
勝手にCDをハードディスクにダビングしたってことだよね?
著作権的にどうなの?お店でCDかけるのと訳が違うぞ。知ってる人教えて。

いかがでしたか?

一応「なぜレクサスは当社の仕事に関係ないか」を説明しておきますと、
レクサスは、値引き0、業者卸不可、業務使用(タクシーなど)不可、
さらに中古車の囲い込みなどなどの経営戦略をとっているので、誰も手を出せないのです。
(だから、業者に「レクサス欲しいんだけど」と問い合わせがあると、BMWを薦めるらしく、
なかなか新規来店もないレクサスはかなり苦戦しています。)

ということで、当社にレクサスの問い合わせを頂いてもお役には立てないのです。

でも値引きしてるんですね。だって、A160は15万の値引き額が妥当なのですから。
Rさんの場合は、住まいが都会でちょっと離れた所にレクサスがあるから、
諸費用2万円とか、買取り価格の交渉が出来たんだよね。

っそか、それで都会でしか売れてないのか。買取り店で競合させても30万は出ないもんな。
ヤナセが特別買取り価格だったんだから、実質の値引きだよ。

あと、カードを作って車輌代を切ればキャッシュバックがあるとか、レクサスの購入は僕らも訳が分かんないです。

あと一言、このRさんって結局7台も候補を挙げながら、レクサスが欲しかったんだよね?
予算はでも300万前後だったんだよね?
だってレクサスIS狙いなら、候補はBMW3とか、VWパサートとか、ベンツCとか、ニッサンフーガが普通だもんね。
それが、BMWは1だし、VWはゴルフだし、ベンツはAだし。よくわからん。

ま、お金持ちだってことは分かる。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top