クルマ買うのは大変?!アコード購入記

いろいろな新車購入記 シリーズ
好評企画も10弾目。今回は、いくつか突っ込み所が。

ディーラー叩きのネタも頂きました〜。さぁ、張り切って行ってみよう!

6月 父のアコードが9月で車検が切れ、古いので買い替えのチャンス。
車をぶつけられ、買い換えることは決定になりましたが、全く予算がない。
言うだけは勝手なので「アレ買おう。コレ買おう」と言ってます。
現時点の第一候補はホンダ ストリームです。
我が家はホンダ党?(私だけかな?家族は何でもいいみたい。)
私はミニバンはあんまり好きじゃないんですが、親父の希望です。

一週間後 候補が変わってきました。
父は今年定年ということで、今流行のダウンサイジングを検討中。フィットかもしれません。
(でもフィットは妹が乗っているので、他社の同様なものになるかもしれません。)
予算的には1.5Lクラスまでかな。
候補としては、エアウェイブ、カローラ系、ウィングロード、アクセラといったところですね。
トヨタではカローラ系が浮上。
見積もりでは現在、値引き前で270万円といったところです。

7/17 昨日はカローラ店に行ったのですが、
私たち家族についたのは20代の女性営業Mでした。
このMさんが幸いし、しばらくして店長が出てきました。
私の交渉で第一回値引き交渉は順調に推移し、今現在で30万円引き。
すでに店長値引き枠も超えたらしい。・・・さらにもう少し引くと言わしめることに成功。
にもかかわらず「一応検討する」ということで、帰ってきました。(実はカローラ系は欲しくない。)
ところが18:30に帰宅して数分したら、さっき見送ってくれたはずのMが我が家にやってきたのです。
どうやら彼女は今月の売上に困っている様子。
私らがカモに見えたか?競合車の存在を匂わせたので焦ったのか?なかなか帰りません。
それどころか、まんまと我が家に上がりこみました。
結局、夕飯も一緒に食べ、犬の話で盛り上がり、ようやく21時なって値引きの話をし、帰っていきました。
おそらく店長の指示ではないかと思われますが、彼女もなかなかの曲者でした。
ふぅー、新車の購入って何度か体験してワクワクするものですが、交渉ごととなると何だか後味が悪い。
あらまぁ。やってくれてますね、トヨタさん。
欲しくないと思っている人に「買え」とプレッシャーをかけるのは、押し売りですよ。
いくら値引きしようが、家に押しかけようが買わないよ。
(まだこんなことやってるんだ。) 誰かMを訴えてください。

実は、今日はトヨタ以外も行ってきた。数台試乗してきました。
まず、アクセラ1.5L。フィットやカローラのエンジンと違って、
アクセラのは2.0Lをデチューンさせたものなので、各社の中でも数馬力抜き出ています。
そのわずか数馬力がデカイ。わざわざ急坂をフル乗車で乗り比べてみましたが、結構イケました。
父の車で年金者車としては、いいかも。
次はMPVターボ245ps!実はよく判りませんでした。
マツダの試乗車は、まず最初に同乗の営業マンが運転し、帰りに試運転させてくれるのですが、
帰りは渋滞でせっかくのターボも全く体感できませんでした。やっぱりマツダはわからないな。

やっぱり我が家はホンダ。ストリームも乗りました。
ホンダ派の私には乗りやすかったです。印象は低速が厚いようです。
ミニバン型は初めて乗りましたが、あれはあれで良かったです。
そして最後は第一候補のアコード。
結局は、はじめから決まってたようなものでした。
買うとしたら2.0Lですが、軽い見積もりで簡単に300万円オーバーしました。
が、すでに驚きの価格が提示されています。
さーてどーしたものか。車種決定権は私にあるんです。
うわ〜。一日お疲れ様でした。
朝から3店舗、5台も家族で試乗して回っての夜にMの急襲。
お気持ちお察しします。

7/18 今まで採算検討してきた父の新車ですが、決まりました。
結局かなり予算オーバーしてしまいました。でも値引き額は凄いですよ。

いかがでしょうか?

昔からディーラーの営業は『夜討ち朝駆け』と言われていましたが、
いまどきまだこんなことやってたなんて。

しかし、この方のホンダ好きは相当ですね。
僕的には他社を回らないでもいいと思うのですが。
Mみたいに勘違いされると、後々大変でしょ?

で、コロコロ変わって結局アコード→アコードでしたね。
こういうリタイア組の方の車選びって、本当にお金がないわけじゃないですからね。
ダウンサイジングは流行りなのですが、内装がちゃっちぃとか
なかなか希望通りの車はないんですよね。
(輸入車とかいいのに。ルノー カングーとか、フィアット パンダとか。)

あんな、こんな、が面倒・・・、って思った方は 車のエージェント へどうぞ。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top