クルマ買うのは大変?!エクストレイルMT→AT

いろいろな新車購入記 シリーズ
好評企画第七弾です。今回は、ありがちな話だと思います。普通の方のようで、文章も読みやすいし。

では、さらっといってみよう!(いつも通り僕の言葉は青にします。)

初のマイカーは、RAV4でした。
社会人となり、研修を終えようかという頃にフラッと立ち寄った車屋にて即決。
3年落ちを98万円で購入。もちろんMT!
チョロQのようなスタイルに、2Lエンジンでキビキビ走るいい車だった。
今でも僕の中でコレを超えるデザインの車はない。
しかし、3〜4人でスノボに行く事を考えると、積載性に問題があった、
遮音性の悪さ(高速道路は大声でないと会話できない)、
ボディー剛性の弱さ(ちょっとギャップを乗り越えるとミシミシと音をたてた)
が気になり、車検を機にエクストレイル(MT)に買い替えた。
ありがちポイント!
社会人1年生で、無計画な衝動買い。
「100万くらいなら払えるか。」となりがちな価格帯。
でも満足(というか、最初のマイカーに対する愛着?)。
ただ、よく考えて購入していないので、結局2年で乗り換え。ありがち。

そして3台目。結婚を期にオートマへの乗り換えが必要になったため車選びを始めた。
密かに外車への憧れがありVWゴルフGTや、アウディA3を研究していた。
しかし!予算の都合など現実問題を考えるととても無理であることを思い知り、断念。
ありがちポイント2!結婚を機に乗り換え。
3回目の車選びで、そろそろ輸入車で遊んでみたくなる。
ありがち、ありがち。でも、全然無理じゃないのになぁ。

候補に上がったのが、スバル フォレスター「L.L.Bean Edition」だった。
これは本皮シートやシートヒーター、ツートンカラーなど物欲をくすぐる装備が満載で、
「せっかく中古を買うんだったらこれじゃなきゃイヤだ!」状態になっていた。
エクストレイルを買うという話もあがったが、「せっかくだから違う車にしよう」と却下。
でも、「機能もデザインもマイナーチェンジで改良されていることだし、アリじゃない?」
ということで一度見積もりを取ろうということになった。
ディーラーで見積もりを取ると、最初から結構な値引き額を提示してきた。
その時、3月決算期という、なんとも絶好のタイミングだったのだ!
「これは新車でイケる!」いきなりな究極の選択に、3日間タイムリミット一杯まで頭を悩ませた。
そして結論は。気に入ったフォレスターは、タマ数も少なく、その段階ではいい中古車がなかった上に、
相場を基準に考えると、総支払額が新車のエクストレイルの方が安くなったので、
「ま、MTからATだし、前期から後期だし、イイかな。」ということでエクストレイルを契約した。

そして一ヶ月。乗ってみると結構違うんだ、これが。
まず感じたのが高速安定性。前は100kmを超えるスピードで高速道路を走ると若干のブレが生じて、
何となくハンドルを持つ手に力が入る感じがしたけど、改善されている。
(ホイールが16インチから17インチに大きくなったから?それともマイナーチェンジで改善された?
そもそも前の車の社外ホイールかタイヤの相性が悪かったから?)
あとは細かいが、マイナーチェンジ前に比べて、
ドアミラーの電動格納ボタンの位置が奥すぎて(しかも小さい)操作しづらい。
撥水仕様のカブロンシートはメンテナンスが楽だが、冬はヒイィッ!夏はアチチッ!
本皮シートなら高級感で威張れるが、高級感もないので微妙。たまに商用車のビニールシートに見える。
以前はSパック用のシートだったので、シートの脇が張り出しておりサポート感が強かった。
今回のシートは一般的な形をしているので、ホールド感はイマイチ。

はい、いかがですか?結構、ありがちな車の乗り換え話だと思ったのですが。

僕ならどうする?
3台目の条件はAT、エクストレイル並みの居住性、予算250万円というところでしょ?(買取は100万前後かな。)
だったら、ゴルフGTもアウディA3も、2〜3年落ちで保証付きのいいのが買える。
(新車は無理ですよ。50万〜80万予算オーバーですから。)
フォレスターも余裕。
問い合わせてもらったらすぐ探しますよ。展示車とかで。
でも、買わないで正解かな。多分この方がイメージしてるのと違うと思うから。
(だから、LLビーンってラインアップに入ったり外れたりしているのですよ。)
「たまたま決算時期だった。」というのはラッキーでしたね。
新車狙いなら、予定を立てておかないと。
(3月に買うんだ!って。そうか、この方、中古車にするか新車にするかも決めてなかったんだよね。)

ま、その辺も含めてありがちなお話でした。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top