カーセンサー、グーで詐欺して、車売っても

ヤフオクで詐欺して、車売っても よりは厳しいの?

グー、カーセンサー涙目(笑)
レビュー意味なし!満点連発!!
優良店になっとるしぃ。

そりゃ、格安、納得価格、高額諸費用不要だわさ(だってボッてるもん)

いいぞ消費者庁!全部やれ!というか、
AAとのデータすり合わせ(をしたと言う事だよね?)、もっとやれ!
いや、税金でやらんでいい。
グーか、カーセンサーがやれ!!

オートオークション(AA)等で仕入れた中古自動車に修復歴や走行距離を不当に表示していたとして、
消費者庁は5社に対し、景品表示法に基づく措置命令を行った。
5社は、AA等で仕入れた、またはAAに出品した中古自動車計35台について、
実際には修復歴があるにもかかわらず、中古自動車情報誌等の商品説明欄に修復歴なしと表示していた。
また、A社とK社はAA等で仕入れた計6台について、中古自動車情報誌等の商品説明欄に走行距離計の交換または改ざん後の走行距離数を記載し、実際の走行距離数よりも少なく表示していた。
I社は、AAで仕入れた2台について、出品票に記載された走行距離数とは異なる数値を中古自動車情報誌の商品説明欄に記載。
実際の走行距離数よりも少なく表示していた。(2/28 リコールプラス編集部)

各社の違反事実について
I社は、カーセンサー中・南九州版2011 Vol.6号に掲載した車のうち8台について、
同誌に「修復無」と表示していたが、修復歴があるものであった。
A社は、カーセンサー関東版2011 Vol.2からVol.10号までに掲載した車のうち4台について
、同誌に「修復無」と表示していたが、修復歴があるものであった。
また、Vol.5からVol.10までに掲載した車のうち5台について、当該車に備え付けられている走行距離計が示す数値の近似値を、同誌に表示していたが、AAへの出品時に走行距離が不明なものであった。
K社は、カーセンサー北陸・甲信越版2011 Vol.5号及びVol.7号に掲載した車のうち5台について、
同誌に「修復無」と表示していたが、修復歴があるものであった。
G社は、Goo静岡版11 3.11から6.06号に掲載した車のうち13台について、
同誌に「修無」と表示していたが、修復歴があるものであった。
B社は、Goo九州版11 2.13から6.12号に掲載した車のうち4台について、カーセンサー福岡・佐賀版2011 Vol.2号及びVol.9号に掲載した車のうち2台について「修無」と表示していたが、修復歴があるものであった。
comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top