走り屋系、古いGTRの購入記

さて、今回はHさんの回顧録になっているのでちょっと分かりにくいです。
古い車にご興味がある方だけどうぞ。(いつも通り、僕の言葉は青で)

04/1/15 GTRをついに手に入れました。
はじめて走らせた時の感動は忘れられません。
H4年式、走行3.2万キロ、事故車で車両価格110万でした。
子供二人の家族にはふさわしくない車であることは、重々承知しておりますが、
家族の協力を得ながら一生大事にしていきたいと硬く誓いました。
また、予算的にこの価格が限界だったので、いろいろ直しながらのカーライフを覚悟。

前の車はストリーム。
子供も2人できて、何かとお金がかかるスポーツカーは卒業と心に決めて、
インプレッサSTI2(おそらくH8年式)からホンダ ストリームに。(03年5月)
将来の出費を最小限にするために、走行距離も1万キロくらいで、さらにサス・ホイール等交換したくなるパーツが付いているものを選びました。
峠道を走るとメッチャ!ストレスが溜まりましたが、都内を走る分には問題はありません。
キャンプ道具を購入し、やたらとキャンプに行きました。
子供に自然と親しむ時間を与えたかったのは事実で、私も多いに楽しみました。

ここまでは計画的なのに。

しかし、やっぱりスポーツカーへの未練は断ち切れず、週末は車屋をめぐることが習慣になってきて、
死ぬまでに一度は乗ってみたいと夢見ていた32GTRを探すように。
予算的にはストリームを下取りに出して、出来れは追い金無しでと計画。
近くの車屋をまわったのですが、選べるほどありません。
ちょっと足をのばして多く取り扱っている所でも5台程。
(そのお店では、店員によって仕様や事故暦の話がまちまちで、ちょっと信用できないのでやめました。)
それからは、ネットでお店探し。
隣県に在庫で32GTRだけで20台くらいあり、さらにプライスも格安で70万円位からある店を発見。
早速行ってみると、かなり感動のGTR天国。
内装を見ると1回燃えたのでは??というような怖い感じのものから、
エンジン音が明らかにおかしいものまでいろいろありました。
予算からいっても事故車は覚悟しておりましたので、走行距離はちょっと怪しかったですが、
素人目でいじった形跡がなく比較的きれいな一台を選びました(表示価格109万)。
最大のポイントは空気清浄機。
若者でしかも走り屋系の人は絶対に付けませんよね。

試乗をさせてもらったら、もう後戻りできません。
その加速とエンジン音にしびれてしまい、もう欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。

妻は「金もほとんど無い家計状況でなぜ?」と、その時点でも納得できていませんでしたが、
店の駐車場で1時間くらい話し合い、タバコをやめることを条件にOKをもらいました。
最終金額は追い金40万。
自分的にかなり満足し、納車が楽しみでウキウキした最高の気分でした。
よくあるパターンですね。
試乗してしまうと欲しくなる。買わないといけないような状況になる。
様々な理由で即決してしまう。(予算も何も見えなくなって。)
しかし、素人は怖い。ポイントとされる『空気清浄機』。
5年落ちくらいまでの車ならまだしも、12年落ちの車を買う時のポイントではないよ。

1/25 まず向かったのは、オートバックス。
純正カセットデッキだった為。
音楽好きとしてはこだわりたいところですが、中古のMDプレーヤーに交換しました。
純正のCDチェンジャーのはずしも含めて、4.6万円でした。
これでMDが聞ける状況にはなりましたが、スピーカーがかなりワレテ今一の状態です。とりあえず我慢です。
旧車のスピーカーは終わっていることが多いので、
デッキだけでなくスピーカーも替える事をオススメします。

1/29 カーフィルム装着。
子供2人を乗せるため、リアシートの日差しをカットです。
そして、エンジンオイルがいつか変えたか不明のため、オイル交換に行きました。
あんまり走る前に交換かなと考えて、オートバックスに。
オイルを選び、お金を払って車を預けました。
呼び出されピットに向かうと、「オイル漏れがひどく交換できない。」と言われました。
交換してもすぐ漏れるだろうし、クレームになっても困るので作業できないとの事。
車購入時に「多少のオイル漏れは了解してくれ。」と言われていた為、
仕方がないのですが、早速お金がかかりそうな予感です。
そんな状態なのに、オイル交換なんていう基本的な整備もなしに納車されちゃったの?
しかし、なぜデッキやフィルムを付けて、基本メンテナンスをしてもらっての納車にしなかったのか?

2/1 金は無いが、早くベストの状態にもって行くべくどうすればいいかを考え、
GTRマガジンを読みあさり、日産のモータースポーツ室へ駆け込みました。
状況を伝え、愛車診断 ¥8,400
2時間後点検終了。修理の必要な部分は多く、かなり厳しい結果でしたが、
これを元に明確なメンテナンス計画(予算計画)をたてていけることに喜びを感じました。(妻は無言でしたが)
やっぱり、好きな人間にしか分からない部分かも知れませんね。
参考までにこの時の指摘箇所とざっくり教えて頂いた修理予算

  1. クラッチ残量無し 9万円
  2. オペシリ&ホースオイル漏れ 2万円
  3. デフサイドオイル漏れ 1.4万円
  4. ベルト 1.2万円
  5. ホース 1.6万円
  6. フロントアッパーリンク 2.3万円
  7. テンションロッド 2.5万円

この車、3.2万キロじゃないでしょ。

2/16 修理。ショップは、できるだけ自宅から近いお店で、信頼のできるところをと某ショップを選びました。
状況を説明させて貰うと、金額も含めて非常に協力的に対応頂けました。
やっぱりR乗りの気持ちをわかってくれる人に修理して貰うのはうれしいですね。
まだまだ、R乗り初心者なので、いろいろ教えて頂き大変勉強になりました。18万円

5/1 距離35,299キロ ついに、念願のエンジンオイル・エレメント交換。
出費がかさんでおり、車にかけるお金がなく、かなり時間がかかってしまいました。
気のせいかも知れませんが、ものすごく加速が滑らかになり、アイドリング時のエンジン音を静かになりました。

7/4 購入時からずっと気になっていたことに、まっすぐ走らないことがありました。
走行できない様な状態ではありませんでしたが、直線での加速時やブレーキ操作時に、
かなりしっかりハンドルを握っていないと、どちらかに曲がって行ってしまう状況でした。
アライメントの調整で何とかなると考え、一番安くやってくれる店を探して修正して貰いました。
タイヤの偏磨耗もあり、タイヤ交換をしてからの方が良いとは思っておりましたが、予算が許さず、現状で御願いしました。
かなり安定した状態になりました。
いずれタイヤ交換をしないとちゃっとまずい感じですが、まずはしょうがありません。

12/19 ついにブレーキパッド、フロントのみローターを交換。
「ブレーキホースが痛みすぎていて交換しないと、いつ破れるかわからない」とのこと。
かなり厳しい追加出費となりました。8.3万円

05/5/8 走行距離43,960キロ エンジンオイルとデフオイルの交換を依頼し、
作業待ちしていると、また呼び出しが。いやーな予感。
デフのねじ山が前後とも焼きついていて、交換不能とのこと。
「ただ出来ないと言われても困るので、何とかなりませんか?」
と粘っていると、リア側だけ何とかはずれた為、交換できました。
フロント側はどうなってしまうのか?
また、課題を発見した一日でした。
やっぱりこの車、実走行4万キロちょっとじゃないでしょ。

06/9/3 走行距離45,654キロ
これといったトラブルは無く快調そのもので、きていたのですが、悲劇が訪れました。
パーキングエリアでタイヤを見たところグリスが飛び散っていました。
これはドライブシャフトのブーツ破れ。
極力慎重に車を走らせ帰宅し、いつものショップで交換しました。
消耗品とはいえ、いきなりの出費に家計もひっ迫です。
できるだけトラブルを未然防止していきたいのですが、なかなかお金が追いつきません。
やっぱりお金持ちの乗る車なんでしょうか?
いや、負けてはいけません。
どんどん本物のGTRに近づいていく喜びがあるのですから。
ちなみに費用は交換工賃を含めて7万円でした。 続く

いかがでしたか?

Hさん、購入後1年で40万円以上の出費です。
(タイヤ代などを含めたらもっと。)
そして、その後はトラブルがないと書かれています。

僕は、このコストをかけた上で販売しないといけなかった。と思うのです。

ただ、残念ながら一般ユーザーのニーズが、
安い方、安い方に流れているのが中古車販売市場の状態です。

例えば、H4年式で事故車で走行距離不明でエンジンオイルダダ漏れで、でも見た目ドノーマルで、込み130万円。
かたや、H4年式で修復歴なしで12万キロ、メンテナンス込みで160万円。(修理は業者価格で出来るので)
どちらを選ぶ?
今は多くの方がHさんと同じ選択をされるのです。

この車はGTR。
だから、12年落ちでも100万円以上出し、その後10万単位で修理費がかかっても手放さずにいてくれる。
これがもし、普通の車なら1年以内に廃車にされていたかもしれない。

ま、このGTRも本来の性能を出せるような状態ではないようだから、
走りを楽しみたいなら、違う車をオススメしたいところだが。

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top