トヨタ アクア

アクア
終了してます。
中日新聞社では、「中日スポーツ 第21回グランパスランクル賞」
「第34回ドラゴンズクラウン賞」を実施中。
投票された方の中から抽選でそれぞれ、アクア、アクアSを1名様にプレゼント。
※あいたい車は愛知トヨタ♪ 協賛なので、愛知県内居住者の人しか当たらない。
※投票は1ヶ月に1選手1回とさせて頂きます。
※DMはご愛嬌。



豆知識:11年12月から発売されているトヨタ アクア。
今月マイナーチェンジ。

ベースは、ヴィッツと言われていますが、
ホイールベース、長さはラクティスと同じなので先代ヴィッツベースのラクティスがベース?
現行ヴィッツの1.5Lグレードと、重さはほぼ同じ、
燃費は倍!!という車になっています。

また、機関のベースは、2代目プリウスの1.5L+ハイブリッドですが、
約7割新設計で軽量化。
バッテリー容量も3割カットで軽量化。
プリウスよりも300キロ軽いので、実燃費はいいかもしれない。

目標は、月1.2万台ですが、
4年目も、毎月2万台弱のペースで売れ続けています。


ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

C.I.A. お車情報局

一覧は『プレゼント情報 』からどうぞ

comments

3. Re:Re:アクア、いい車ですね(棒) C.I.A.様、レスありがとうございます。

仰るとおり、バブルの頃の車の品質はよかったと思います。
そのことは補修部品ひとつ取り寄せてみても判り、見えないところにもしっかりとコストをかけているなぁと実感できます。
多分、高品質のレクサス(笑)以上だと思います。
愛車はレクサスでもトヨタでもなく、(901運動時代の)日産車ですが、同時期、父親はマーク?に乗っていました。見た目はともかく、車としての出来は日産のほうがよかったですね。高級感では負けましたが。
マツダ車は所有したことがないので、C.I.A.様の仰るとおり、長く乗れるかは、私にとっては未知数です。


アクアの懸賞情報が追加されていますね。
今年の愛知トヨタはアクアですか……。
初期の頃はカリーナ、最近はプリウスが続いていたので、賞品のレベルダウンです。
儲かっているんだから(クラウン、ランクルは選手への副賞だから無理にしても)SAIくらいは提供しろよ(笑)。

アクアは安い割には話題性があるので、これからも車の懸賞にちょくちょく登場するでしょうね。


C.I.A.さまならご存知かもしれませんが、トヨタ店ではアクアは(他チャンネルと比較してですが)苦戦しているようです。
理由は簡単、「クラウン(以上)の顧客でなければ露骨に馬鹿にした態度をとるから」です。
で、アクアはクラウン(以上)の顧客の奥様向け2ndカーのような扱いです、トヨタ店では。
アクアはおろかプリウスでもそういう態度をとるので、プリウス→プリウスの買替えの顧客ですら他の大衆向けチャンネル(カローラ店、ネッツ店)に逃げ出しているようです。
トヨタ店専売だった初代モデルの頃とは違うんだから、セールスももう少し考えたほうがいいんじゃないかと。

実際、私もトヨタ店に冷やかしに行ったら、小馬鹿にした態度をとられました。
尤も、帰り際に駐車場で私の愛車を見ると、(しまった!という感じの)苦笑をされるので、最後は私のほうがセールスを小馬鹿にした態度で去るのですが(笑)。 -----

  • 半可通
  • 2012/03/13 5:53 PM

2. Re:アクア、いい車ですね(棒) 半可通さん、どうも。

僕もなぜこんなにアクアが売れ、プリウスは即納状態になるほどに偏るのか、分かりません。

流されやすいのでしょうか・・・。

スカイアクティブは「フルのコンパクト待ち」という気もしますが、欲しい車種カテゴリにはまる車があれば、オススメですね。
長く乗れるかは、未知数ですが(笑)
トヨタのバブル期のクオリティとは比較出来ません。(トヨタでさえ)

  • cia
  • 2012/03/13 2:06 PM

1. アクア、いい車ですね(棒) アクア、いい車ですね。タダで貰える限りにおいては(笑)。

実際、購入することを考えると、とても微妙なクルマです。
理由はC.I.A.様の「が。。。」のとおりで、希望オプションを追加していくと同装備のプリウスより高くなるという逆転現象が生じます。
それでいて内装のチープさは変わらない……。
プリウスが大きすぎて運転できない人、1.5Lという排気量に拘る人以外には選択する価値がないと思います。
どうして12万台のバックオーダーを抱えるほど売れるのやら。
「ホント、日本人って流されやすいよね。」

私見ですが、現状で最もエコな選択はMAZDAのスカイアクティブ車を乗り潰すことではないでしょうか。
元々車両価格は安め(?)ですし、登場後暫くは値引きが渋くてもMAZDA車は半年もすれば(笑)。
廃バッテリなんていう傍迷惑な産廃は発生しないし、乗り潰せばマツダ地獄(笑)に陥ることもありません。
そもそも寿命まで乗り続けることこそ本当のエコだと思うのです。

かく言う私の愛車は今年で20歳です。(走行距離は、まだ8万Km台ですけど)
コンディション維持にそれなりのコストはかかっていますが、魅力的な新型車が登場しないのでこのまま寿命まで乗り続けようと思っています。
メーカーには「車が売れないことを嘆くなら、消費者が買いたいと思えるような車を造りなさいよ!」と言いたいです。

  • 半可通
  • 2012/03/12 10:01 PM
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top