三菱 i-MiEV

imiev
終了してます。
株式会社ローソン、イオン株式会社、ミニストップ株式会社、ワーナー・マイカル・シネマズ共同主催、「映画「ドラゴンボールZ 神と神」キャンペーン」を実施中。
クイズ正解者から抽選でi-MiEV カプセルコーポレーションVer.を1名様にプレゼント。(〜4/8)
※答えは

 i ですよ。
※プレゼント車両の類別は「G」ボディカラーは「ホワイトソリッド」となります。他の類別、メーカーオプション、ボディカラーをお選び頂く事はできません。
※写真と実際の賞品の色、デザイン、仕様等が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※車両引渡しまでに日数がかかることもございます。あらかじめご了承ください。

豆知識:09年から量産が開始され、10年から一般個人向けにも発売されている電気自動車(EV) i-MiEV。

ベースは、06年から発売されている軽自動車 三菱アイです。

エンジンがリアシートというかトランクの下にある構造だったので、エンジンをモーターに、フロア下のガソリンタンクを電池に換装すると、予想外のいいバランスに。
しかも「どうせEVは長距離走れない
(電池の能力の関係で150キロくらいがせいぜい。どのメーカーのEVも)、
だったら軽のシートでも十分じゃん!税金も軽規格だし!」
という、割り切り感も魅力。

そして、全車?の走行データを収集し、消費電力や航続距離などを自分の走りと平均とを比べられるようになっています。

ガソリン価格がじわじわ上がってきています。

ガソリン車で、燃費をデータ化しているサイトはありますが、まだまだ個人のメモ程度。
なんの気もなしに、ガソリンを入れている人がほとんどではないでしょうか。
EVって、CO2で換算すると、2割とかしかエコじゃないらしいですが、
税金のかかり方が違いますので、ガソリン車よりも燃料費は安く済みますし
(今のところ。普及してくると、どうなるか?ガソリン税で道路は作られていますから、
EVが走るなら税金をどこかで取らないとね。)
1回1回の車利用を考えるようになるだけでも、エコですよね。
ムダに走ることもなくなるだろうし。


ぜひ応募されてみては。

当たらなかったら当社で買ってください。 (^ ^)

C.I.A. お車情報局

comments
   
social
このエントリーをはてなブックマークに追加
trackback
top